国際的視野を養うインターナショナルスクール

守りの姿勢も時には必要ですが、視野が狭くなってはいけません。特に子供時代の経験や学びは、大人になってからも宝になります。日本の学校には良い面がたくさんありますが、多角的に見ることのできる能力を国際的に育てるならインターナショナルスクールです。狭い島国の日本は一般の学校だと、同じ日本人のお友達が集まり世界を近くに感じる機会はありません。昔からの日本の文化や伝統を守り伝えるのは良いことですが、世界を見る目を養うには力不足です。様々な国の子供が集まるのがインターナショナルスクールであり、多彩な文化に触れあうことができます。アジア圏だけではなくヨーロッパやアメリカ、あらゆる国の子供と付き合うことで、世界規模の視野を持てるチャンスです。ほかの国は日本とは考え方も文化も全く異なりますが、それを学生時代に知ることができます。幼いうちから世界と日本の違いを知ることができますし、価値観もさまざまであることも学び、精神面でも成長をできる機会です。

sabu用置換

sabu用置換